働きながら月間走行距離250km前後でサブ3を目指す!

マラソン初心者が試行錯誤をしながらサブ3を目指します!PBは3時間14分14秒(勝田全国マラソン2017)

【2時間切達成】また走りたい!富士登山競走の5合目コースを完走しました【コース/装備】

f:id:tokyomarathon:20170808224518j:plain

 今更ですが、富士登山競走のまとめ記事かきます!!

 おすすめ大会なのでぜひみなさんにも走ってもらいたいです(゚∀゚)

 

 当日

  • 日付【date】:2017年7月28日(金) 平日開催です!
  • 種目【event】:15km
  • 完走率【rate】:
第70回(2017) 五合目 男子 1136 1121 98.68%
第70回(2017) 五合目 女子 142 138 97.18%
第70回(2017) 五合目 合計 1278 1259 98.51%
  • 場所【place】:富士吉田市役所
  • 天候、気温【weather,temperature】:

 garmin測定

気温:26.1℃ 天候:曇り と走りやすそうでしたがスタート直前になって晴れ。強い日差し。

f:id:tokyomarathon:20170808225227j:plain

この後、登山道に入るまではずっと暑かった…。

ちなみにスタート直前の5合目気温は24℃…。

  • 前日の過ごし方(睡眠、夜食、宿泊、観光)【previous day】

前日は職場の飲み会でした。帰宅して急いで支度をして睡眠…。

睡眠は不足気味でしたがコンディションとしてはまずまず。

  • 当日の過ごし方(朝食、交通、案内、受付、手荷物、着替え)【the day】

当日は電車で向かいました。4時半に家を出れば7時くらいにつきます。めっちゃ遠い…笑

JRで大月に行く途中寝て目が覚めると乗ってるのはランナーばかり。

f:id:tokyomarathon:20170808225759j:plain

富士急行線で最寄り駅の月江寺駅へ。

f:id:tokyomarathon:20170808225948j:plain

 ランナーがたくさんいるので流れに乗っていればたどりつけます。ただいたい徒歩15分で富士吉田市役所です。

f:id:tokyomarathon:20170808230058j:plain

 スタートの1時間前以上に到着。ちなみに僕の最重要ポイントのトイレ待ちはガラガラで心配不要です。参加者数が限られているのでトイレはほぼ待たずに入ることができます。

f:id:tokyomarathon:20170808230216j:plain

 配っていたアミノバイタルをゲット!8時くらいには終了していました。

f:id:tokyomarathon:20170808230324j:plain

 さすが全国の物好きが集まるだけあってみんな速そう。そして細い。

twitterやブログやインスタで見たことある人もちらほら…。自分は隅っこにかくれる笑

f:id:tokyomarathon:20170808230451j:plain

 はてブロTシャツを着用して準備おっけー!

f:id:tokyomarathon:20170808230549j:plain

 5合目ゴール地点で受け取る荷物(小)と5合目から下山した公園で受け取る

荷物(大)をそれぞれ預けます。

そしてスタートへ向かいます。

  • 参加賞【prize participation】

 参加賞はお米!

f:id:tokyomarathon:20170808230858j:plain

 まだ食べてないです笑

  • 装備(服装、持ち物、補給)【equipment,food】

f:id:tokyomarathon:20170808231006j:plain

装備はトレランというよりマラソン。15kmなので補給も少なめ。

薄め自作ジェルと御守りとしてアミノ酸1包、芍薬甘草湯1包を持ちました。

シューズはadizero japan boost3です。

tokyomarathon.hatenablog.com

  • スタート、応援、エイド、トイレ、ゴール【start,cheer,aid,toilet,finish】

【スタート】

f:id:tokyomarathon:20170808231401j:plain

準備が早々に終わって暇だな~とぶらぶらしていると市役所の前の歩道にものすごい人だかり。スタートは8時半ですが交通規制が8時から始まるようで、場所取り待ちのようです。運よく気づいたので自分もスタンバイ。

f:id:tokyomarathon:20170808232120j:plain

いつもは場所取りとか気にしないのですが富士登山競走はのちのちコースが狭くなりスタートダッシュが大事の様なので今回はしれっと前方をキープ。Eブロックですけどね笑

【ゴールシーン】

f:id:tokyomarathon:20170808232048j:plain

試走に来た時はすごい良い景色でしたがこの日はもや!笑

  • 目標、結果、コース解説

結果:1時間57分43秒

 

事前にこっそり2時間は切りたい!切れたらいいな!と思っていたので目標は達成。とりあえず、そこは安心。満足してます。

ただ走っている最中は坂道ということもあり、思っている以上に進まず、途中からは走れずに抜かされまくってゴールタイムも想像つかず不安でした。

ちなみに1200人くらい居て200位くらいでした。あれだけ抜かされてこれってことは…自分もっとできたんじゃないの!?と少し悔しいです。けれども、これが今の実力でしょう!

【スタート】

事前にTwitterで後は考えずに馬返しまで頑張れ、ロードは全力で!というアドバイスを受けていたので突っ込むことに。5月くらいからウルトラマラソン対策、7月はトレランでスピード練習はほぼやっていなかったので心肺がかなりキツイ!!

とりあえずスタートは4分10秒くらいで飛び出す。最初の角を曲がって商店街、ここは4分半ペースで入るも徐々にペースが落ちてくる。あまり感じないけどすでに登り坂。富士登山競争は下りのないずっと登りコース、登坂はすでに町中から始まっている。いつものペース感覚は当てにならないと分かっていたので心拍数頼りに行く。目安は160~165くらい。自分のなかでは高めの設定。165を超えて走るとハーフマラソンでも終盤ふくらはぎがつりそうになるからこのくらいが限界だろうと予想。

この時は緩い登りよりも暑さがきつかった。とにかく汗がすごかった。

【富士吉田登山口~馬返し】

登山口からは並木道なのでいっきに暑さを忘れる。どんどん登るのでペースが落ちる。馬返しは10kmくらいとは知っていたけど、つらすぎてもうなんだか分からない。もう何キロでもいいけど早く馬返しとやらについてくれって感じ。特に8kmくらいからがつらかった。坂道がつらすぎて進んでるんだかよくわかんないし…笑

ただ周りもそんな感じだったから自分が特別に遅かったわけじゃないず。

【馬返し~ゴール】

馬返し到着は59分。事前に脳内で馬返しまで1時間で、そこからトレイルが1時間でトータル2時間くらいかな、と何となく予想していたのでここまで計画通り。自分でもビックリ。ただ、もう辛くてこの後走れる気がしなかったので5合目まで1時間で行けるのかな~って不安になる。まあ、山頂までの参加権はイケそう!って思うと少しだけ安心はした。

馬返しのエイドでのんびりしていると時計がもうすぐ1時間をすぎそう。馬返しエイドをでるところにチップ計測マットがあったので何となく慌てて出発。たぶん1時間ジャストで馬返しを通過。

少し進むとふくらはぎがピクピクしだす。あーちょっとやばいかも!!笑

自分はマラソン始めた頃はほぼ毎回ふくらはぎを攣っていたので懐かしい感覚。けれども最近は、心拍管理や補給で攣らなくなってきた。後5km弱どうにかなるって思った矢先に右ふくらはぎを攣ってしまいました…笑

ここで持参したMusashiのNiと芍薬甘草湯を自作ジェルで流し込む。もう痛くて走れないので無理せず早歩き。このあたりからたくさんの人に抜かれた。女性にも2,3人抜かされた。3合目通過した頃から薬かアミノ酸が効いたのか走れるようになった。

MUSASHI NI スティック 3.0g×45本 リカバリー ムサシ ニー 45袋

MUSASHI NI スティック 3.0g×45本 リカバリー ムサシ ニー 45袋

 

 

痛みはあるし、また攣ると完全にやばいので無理をしないフォームながらどんどん走る。逆にこの辺りになると周りが走れてないので落ちてきたランナーをどんどん拾っていく。14kmを過ぎるとたくさんの応援の人が残りの距離を教えてくれる。残り500mくらいでは2時間切いけるぞー!!との声でいっきにペースアップ。

あれだけトレイルを歩いてしまったけど、まだいけるならいくぞー!!って感じ。消防隊の人の応援も受けて最終ロードをいっきに駆け抜けてフィニッシュ。

f:id:tokyomarathon:20170808235133j:plain

ゴール後は下山バスが混むと聞いていたのでダッシュでバス乗り場へ向かいます。山頂コースの人がどんどん下山してくるようです(すげー笑)

f:id:tokyomarathon:20170808235246j:plain

 待つことなく乗車!走ってる最中暑すぎてかぶり水をしたせいで全身がずぶぬれでした。みんなゴール後に着替えていましたが、僕は着替えを預けてなかったのでこの格好でバス乗ったら申し訳ないな~…って思っていましたが、バスはしっかり防水しようになってました笑

f:id:tokyomarathon:20170808235316j:plain

さくっと下山して、荷物、参加賞を受け取り総合公園の体育館で着替えました。

f:id:tokyomarathon:20170808235524j:plain

公園内はたくさんの出店がでてきるので事前にもらったクーポンで焼きそばとビールを買って乾杯。すげー美味かったです笑

f:id:tokyomarathon:20170808235637j:plain

 お疲れさまでした!

f:id:tokyomarathon:20170808235703j:plain

  • 反省、感想【review,advice,description】

トレイルで走れなくなってあれだけ抜かされたけれども全体で200位くらいってことはロードではそれなりに前にいたんだと思う。問題はトレイルの登りだと思う。これはトレイルの大会でも薄々思っていた。

自分は下りが得意だから登りはほぼ走らない。というか、登りで走るのって不可能だと思っていた。だいたい登りで走る人は後半潰れることが多いからだ。けれども今回、たくさんのランナー抜かされていくのを見ていてそもそも登りのステップ、軽やかさが違うと思った。登りで飛ばしてつぶれているランナーもいたけれど、5合目程度でつぶれていたらきっと2流、3流なんだと思う。それなりに傾斜走などで登り対策をしてみたつもりだけど、全然だめだった。日頃のトレイルもそうだけど、登りも走れるようにして強くなろうと思った。登りを走れる人って足がすらーっとしていてきれい。自分の足は見た目、筋肉質な足だけれどきっと脂肪も含んでいて重いんだと思う。登りをやれば絞れるのか、絞れたら登れるのか、ちょっとよく分からないけれども、これは少し考えていきたいところ。

  • コストパフォーマンス【scores】★★★★☆

参加費1万円はちょっと高いかな~って思ったけれども人気だしエントリーしてみたらできたから参加してみた。けれども、参加したらすごい楽しかった。ただただ登りで辛いだけなのに。富士山だからでしょうか?笑

周りも全国から変態ランナーが集まってくるのでそんな中を走れるのもいい機会になったと思う。きっと山頂コースはもっと楽しいし、達成感あるに違いないと思う。エントリー難しい大会なのでエントリーするだけしてみて、できたら挑戦してみるんでもいいと思います。富士山を独占して走れる機会ってないですからランナーなら走ってみるっていいと思います!

今のところ山頂を完走できる自信はないけれど、しっかり対策して来年自信をもってエントリーできるように頑張ろうと思います!!

 

↓よろしければ1クリックずつよろしくお願いします。

マラソン・ジョギング ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村

☆これからも頑張って走ります